Xcodeのショートカットキーの一覧

Cmd+[ インデントを下げる
Cmd+] インデントを上げる
Cmd+/
コメントアウトする
Control + i インデントのやり直しを行う
Ctrl+E 行末にカーソルを移動する
Ctrl+A 行頭にカーソルを移動する
Ctrl+F カーソルを左に移動する
Ctrl+B カーソルを右に移動する
Ctrl+P カーソルを上に移動する
Ctrl+N カーソルを下に移動する
 Command + b  Build
 Command + r  Run
 Shift + Command + r  Build&Run
 Command + ¥  ブレイクポイントを追加する
 Command + t  新しいタブを開く
 Shift + Command + w  タブを閉じる
 Command + }  次のタブへ移動
 Opt+Command+↑  .hファイルと.mファイルを切り替える
Opt+任意のシンボルをダブルクリック ダブルクリックしたシンボルをリファレンスで検索する
Cmd+任意のシンボルをダブルクリック ダブルクリックしたシンボルの定義が書かれている所を開く


iOSアプリ開発入門(4) アプリを作る

・アプリを作る


1、企画を考える
まずは、自分が作りたいアプリを作ることをオススメします。
普段iPhone/iPadを使っていて、不便だと思ったり、こういうアプリがあったらいいのにと思ったりすることがあると思います。
浮かんだアイデアをメモしておき、その中からやってみたいものを形にしましょう。


2、コードを書いて実際にアプリを作っていく
iOSアプリ開発では、Xcodeというツールを使って、objective-cというプログラミング言語でプログラムを書いていきます。
2012年現在では、開発者さん達の書いたブログ記事や、開発者フォーラム等、ネット上にたくさんの開発情報がありますので、
そういったモノを参考に作っていきましょう。

作りたいアプリを実現するのに必要な部分だけ勉強していくのが一般的です。
躓いたらgoogleで検索してみましょう。

とりあえず動くものを作ってみましょう。


3、動作を確認する
コードが書けたら動かしてみます。

たいていはプログラミングのミスである「バグ」が発生することになると思います。
アプリを作る作業の大部分はバグとの戦いです。

しかし、上手く動いた時は嬉しいものです。
頑張って開発していきましょう。


iOSアプリ開発入門(2) 開発ツールをインストールする

iOSアプリ開発にはXcodeというソフトウェアを使います。

[Xcode]
・アプリの開発に使うMac用のソフトウェアです。
・他の開発ソフトウェアもありますがXcodeでの開発が標準的です。

MacAppStoreから無料でダウンロードできます。
最新版のXcodeをダウンロードするにはOSX Lionが入っている必要があるので、
それより前のOSを使っている場合はLionを入れましょう。

  • Xcodeをインストールする。
appstore
AppStoreを起動して、

xcode
左上の検索ボックスにXcodeと入力し検索します。
検索結果にXcodeが出てくるので、「インストール」を押します。
15分程度でインストールが完了します。

developer xcode
以上で開発ツールのインストールは完了です。