iOSアプリ開発入門(1) 機材を揃える

iOS(iPhone/iPad)アプリ開発を始めるための機材を揃えましょう。

 



(1) 動作確認用の端末(iPhone or iPad or iPodTouchなど)
・AppStoreでアプリを公開して、一般の人に使ってもらいたい場合は、実際の端末(iPhone or iPad or iPodTouchなど)で動作を確認する必要があるので、実機を用意しましょう。
iPhoneやiPodTouchなど、普段使っているもので大丈夫です。
iPadにも対応させるのであればiPadも必要です。

・動作確認用の端末がない場合、Mac上のシミュレーターでも動作を確認できますが、
シミュレーターと実際の端末とでは、動作が異なる場合があるので実機があったほうが良いです。

 



(2) 開発や提出作業に使うMac
・Windowsで開発を行う方法もありますが、最終的にappleへの提出時にMacが必要になります。
・既にMacを持っていて、Lionが入っているなら、開発に使うことができます。
・アプリ開発の為にMacを購入する場合、持ち運びが多いならMacBookAir、家でしか使わないのならiMacがお薦めです。
・最新版の開発ツールを入れるには、MacにOS X Lionが入っている必要があります。