iOSアプリ開発入門(6) マーケティング活動

・マーケティング活動
アプリが完成したらたくさんの人に使ってもらいたいですよね。

たくさんの人に知ってもらうための方法には
1,Twitter,Facebook等のソーシャルメディアの活用する
2,アプリの公式ウェブサイトを立ちあげて活用する
3,コンテスト等のキャンペーンを行う
4,アプリレビューサイトに寄稿する
5,無料アプリと有料アプリの組み合わせを考える
などがあり、それだけで1冊の本になるくらいたくさんあります。


1,Twitter,Facebook等のソーシャルメディアの活用する
強い影響力のある人がアプリについて語ると、旋風が巻き起こるります。
軌道に乗るまで少し時間かかりますが、上手く利用して、十分な時間を与えれば、最も強力なマーケティングツールになります。

2,アプリの公式ウェブサイトを立ちあげて活用する
AppStoreのアプリページより、ウェブサイトへの投稿のほうが柔軟性があるので、ウェブサイトを上手く活用します。
常にコンテンツが変わっていて、ワクワクするようなものであることが求められます。
最新情報を盛り込みましょう。

3,コンテスト等のキャンペーンを行う
写真アプリなら写真コンテストという風に、アプリを知ってもらうためのコンテストが考えられます。
アプリをたくさんの人に知ってもらうためのキャンペーンを行いましょう。

4,アプリレビューサイトに寄稿する
AppBank等のレビューサイトに取り上げてもらえるように努めましょう。
また、地元紙、地方TV局など、アプリを取り上げてくれるメディアがあるかもしれません。

5,無料アプリと有料アプリの組み合わせを考える
有料のアプリを出すときには、無料トライアルがあれば、タイトルをみつけてもらいやすいようになります。
また、無料でアプリを提供して、どんな反応があるのか観察するのも良いでしょう。