NSDateクラスの基本

NSDateは、日付/時間を管理する為のクラスです。

・NSDateを生成する

+ (id)date

(例)
NSDate *date = [NSDate date];
現在時刻を取得してNSDateを生成
+(id)dateWithTimeIntervalSinceNow:(NSTimeInterval)seconds

(例:1時間後の時刻を取得して生成)
NSDate *date = [NSDate dateWithTimeIntervalSinceNow:1*60*60];
現在時刻に指定した秒数のオフセットを加えてNSDateを生成

・インスタンスメソッド
-(NSString*)description 日付を文字列にして返す
-(NSDate*)earlierDate:(NSDate *)anotherDate 2つの日付を比較して過去の日付を返す
-(NSDate*)laterDate:(NSDate *)anotherDate 2つの日付を比較して新しいほうの日付を返す
-(BOOL)isEqualToDate:(NSDate*)anotherDate 2つの日付が同じかを判定する
- (NSTimeInterval)timeIntervalSinceDate:(NSDate *)anotherDate 2つの日付の時間の差を取得する


NSStringクラスの基本

NSStringクラスはObjective-Cで文字列を格納するクラスです。

Objective-Cの場合、文字列は
@”HelloWorld!” という風に@”と”で挟んで扱います。

NSStringは長さが固定のクラスなので、
長さが可変の文字列を扱いたい場合は、NSMutalbeStringクラスを使用します。

・NSStringを作成する。

(例1) NSString *string = @”HelloWorld!”;
(例2) NSString *string = [NSString stringWithString:@"HelloWorld!"];

・主なメソッド

-(NSString*)stringByAppendingString:(NSString*)string
(例)
NSString *str1 = @”Hello”;
NSString *str2 = @”World!”;
NSString *str3 = [str1 stringByAppendingString:str2];
str3の中身は「HelloWorld!」になります。
文字列を結合する
-(unsigned int)length
(例)
NSString *str = @”Hello”;
int strLength = [str length];
strLengthの中身は5になります。
文字列の長さを取得する
-(BOOL)isEqualToString:(NSString*)string
(例)
NSString *str1 = @”Hello”;
NSString *str2 = @”World!”;
BOOL isEq = [str1 isEqualToString:str2];
isEqの中身はNOになります
同じ文字列であるか比較する
-(int)intValue
(例)
int intVal = [@"101" intValue];
 int型にキャストする
-(float)floatValue
(例)
float floatVal = [@"42.195" floatValue];
float型にキャストする
-(BOOL)boolValue
(例)
NSString *str = @”YES”;
BOOL isEdit = [str boolValue];
BOOL型にキャストする